FC2ブログ
 
■プロフィール

トトロ

Author:トトロ
浮雲遊山へようこそ!

ブログ名前の意味は
浮雲→きままに流れるもの
遊山→あちこちにいく
あちこちぶらぶら歩きながらやってるので、そういう感じで決めました。

八百万の神々が宿る大地、大気、
泉、森、火を愛する日出ずる国在住

ここにあるものは、趣味といえども一応、画像、文章の無断転写を禁止とさせていただいています。

■最新記事
■最新コメント

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新記事
■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

大久野島(うさぎ島)
201908241.jpg

娘からおねだりで、うさぎ島へ行ってみました。
新幹線を止まる三原駅から10分程で徒歩すると、土生商船グループの
土・日・祝日限定ですけど、三原港から直接に行ける高速船は便利なのでお勧めです。

やっぱり三原駅→忠海駅→徒歩→忠海港→フエリー→大久野島の道筋は大変ですし、
大三島フェリーの休日はいつも混雑しているらしく、運が悪くて満員だと乗れなくて、
次の便を待つ可能性も・・・


201908242.jpg

航海中は今治造船の造船所は建造中である石油タンカー大型船を
見る事が出来て、滅多に見られる機会は無いので新鮮な感覚でした。

1時間すると大久野島を見えてきました。


201908243.jpg

休暇村大久野島の宿は大人気すぎて、なかなか予約出来なかったから、

あるコネを通じて依頼すると、なんとか予約出来たと連絡有り大変感謝です。

この宿は温泉があるのが特徴で泉質は放射能泉ですが、温泉を湧いているのは不思議ですよね。

201908244.jpg

この道を歩いていくと大久野島は小さな島であり、1周するだけなら1時間ほどで出来ます。

※自転車とうさぎとの衝突事故が増えているらしく注意してください。
※決められたルートを走行し、芝生等に入らない。
※うさぎは衝突して骨折すると長く生きられません。

201908245.jpg

花の下を見ると、うさぎ穴(笑)
穴を掘る習性があるらしく、島のあちこちにうさぎの掘った穴があっちこっちも。

201908246.jpg

道を外れた小道を歩いていくと軍事遺構を発見するが、観光者は関心は無くうさぎを探しているのみ。
猿島と友ヶ島は大人気で観光者とコスプレで賑わっているらしいとネットを通して知っているのに、
ここは家族以外は本当に誰も居なかった・・・
あ、うさぎは密かに生息しているのは見つけたけど、うさぎとしては観光者が居なくて
静かな環境で生活するのが幸せかもしれない。

201908247.jpg

港の辺りは慣れているらしく、餌をやるだけでも簡単に集まりましたが、
ホテルからかなり離れている北側には、うさぎも生息しても、
かなり警戒心を持って媚びない態度で、簡単に食べてくれないし、寄ってくれません。

南側(港・ホテル)は簡単に集合するが、北側は媚びないで生活しているような感覚です。
となると、流行りを終わって観光者も訪れなくなって餌を貰えなくなっても、公然と生き残るうさぎは
案外と北側のうさぎかも?

2019082410.jpg
※顔を隠しております。

工夫しても2回目までは失敗してしまいましたが、3回目をやってみると、
ドドドドとうさぎが集合して更に囲まれて、面白い写真を撮影出来ました。

201908249.jpg

♪~島内にあるうさぎの耳のデザインした集音器っていいね~♪
♪~♬うさぎの気持ちになって鳴らす汽笛や島を抜ける風音や海の波とか聞きましょう~♬~♪

201908248.jpg

綺麗な海で、1千年前でも変わらない風景でしょうか?

これからも、うさぎは静かに生活してくれるように祈っております。
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

宿泊記 | 07:12:55 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する